• ホーム
  • ブログ
  • シミ取りにはどんな種類があるの?私に合うのはどれ?

2022.04.21

シミ取りにはどんな種類があるの?私に合うのはどれ?

シミ取りにはどんな種類があるの?私に合うのはどれ?

シミを気にする女性

年齢によるシミや、若くても気になるそばかす・・・。

今回は、シミ取りにはどのような方法があるのかをご紹介していきます。

シミといえばレーザー治療、というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、
シミ取りはレーザーだけではなく、他の治療方法もあります。

ダウンタイムが少ない光治療や、患者様ご自身で行える外用薬など、
ぜひ自分に合う方法をお選び頂きたいと思います。

どうしてシミはできるの? その原因は?

シミを気にする女性

シミは、老けてみえる要因のひとつ。
間違ったスキンケア、紫外線、生活習慣など様々なことが影響して発生します。
シミの主な原因に次のことが考えられます。

 

〇紫外線によるメラニンの蓄積

シミとは、紫外線を浴びて増えたメラニンが肌に沈着したもののこと。

紫外線を必要以上に受けると、
メラノサイトから大量のメラニンが生成されます。

通常はターンオーバーによって排出されますが、
過剰に発生した場合は排出が追いつかなくなり、
肌の奥に蓄積してシミになります。

 

〇ストレスによって発生する活性酸素

疲れや睡眠不足、人間関係などで生じたストレスは、
ホルモンバランスを崩しメラニンの生成を促してしまい、
シミの原因になります。

さらに最近注目されているのが、ストレスで発生する活性酸素

活性酸素は、体内の酸素が他の物質と反応しやすい状態に変化したもので、
これがメラノサイトを刺激し、黒色メラニンの生成を促してしまうというのです。

活性酸素は、紫外線や大気汚染、喫煙でも発生します。

 

〇ターンオーバーの乱れ

メラニンは正常なターンオーバーによって自然に排出されます。
でもこのサイクルが崩れるとメラニンの排出に遅れが生じてしまい
肌奥で留まりシミになります。

ターンオーバーは、睡眠不足やダイエットなどでの栄養不足、
ストレスでも乱れてきます。

 

〇摩擦やニキビ跡の色素沈着

スキンケアで擦り過ぎたり、ニキビを掻いたり潰したりして
肌に炎症が起きるとメラニンが生成されます。

炎症が強くなれば、それだけ大量のメラニンが生成されて、
炎症が治まった後も沈着するのです。

シミ取り施術には何がある?

お肌を気にする女性

『レーザー治療』

レーザー光線によって、シミの元となるメラニン色素を破壊し、
シミを消していく施術のことをいいます。

シミ取りレーザーは、メラニン色素が沈着している異常細胞のみを破壊しますので、
ほかの 細胞は傷つけることはありません。 .


外部へ排出されずに内部で蓄積し、
一度色素が沈着してしまったシミは、
セルフケアではなかなか改善が難しいものです。

そんな場合のシミ取りには、
レーザーでより確実に短期間で改善する事ができます。

 

『光治療』

光治療は、IPLという複数の波長の光を肌に照射し、
メラニン色素やヘモグロビンなどを破壊して、シミを改善する方法です。

この光は同時に、コラーゲンを再生し増やします。

シミ、そばかすの他、肌の赤みや小じわ、たるみ、毛穴開き、
ニキビとニキビ跡など、様々な症状を改善。

ダウンタイムも少なくお顔全体をトーンアップして若返り効果があります。

肌サイクルを考え、よりよい効果を得るために、
3週間に1度、5回以上受けられることをオススメします。

 

『トレチノイン療法』

トレチノインは、医療機関でのみ処方可能な塗り薬です。
ご自宅でのケアにもご使用できます。

古い角質をはがしながら、ターンオーバーを促し、
肌細胞が生まれ変わることで、深い層にあるメラニン色素も押し出しされ、排出されます。

肌のコラーゲンの生成も促しますので、
ハリの回復、シミ、しわの改善が期待できます。

さらに毛穴汚れの除去や皮脂分泌を抑えて、
ニキビの予防改善、ニキビ跡にも効果的です。

シミの種類と適した治療法

ほほえむ女性

当院では、ご紹介した他にも様々なシミに対応できる治療法をご用意しています。

一口に「シミ」といっても症状や原因によって色々ありますので、
ご自身のシミに適した方法を見つけることも大切です。

よく見られるシミの種類とそれに適した当院の治療法をご紹介します。
ぜひ参考にしてみて下さい。


 

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
老人性色素斑

一般的に「シミ」と呼ばれるものが老人性色素斑です。
紫外線などが原因となり、頬やこめかみにできる薄茶色の「シミ」は、
ほとんどの場合レーザー治療1回で取れます。

【効果的な治療法】
レーザー治療/光治療/トレチノイン治療

 

雀卵斑(じゃくらんはん)
雀卵斑

一般に「そばかす」と呼ばれるもので、
ごく小さい茶色い「シミ」が鼻やそのまわりに数多く現れます。
紫外線を浴びると色が濃くなるのも特徴です。

【効果的な治療法】
レーザー治療/光治療/トレチノイン治療

 

肝斑
肝斑

頬や鼻の下、おでこ付近に左右対称で現れる茶色の「シミ」。
女性ホルモンの低下や、妊娠、更年期、ピルの服用などで
できてしまう以外に、お化粧時の摩擦も原因になります。

【効果的な治療法】

レーザー治療/トレチノイン治療/レチノールピール/トランサミン内服

 

遅発性両側性太田母斑様色素斑
遅発性両側性太田母斑様色素斑

頬の左右対称や、目の周りに20歳以降に現れる、そばかすに似たアザ。

レーザー治療を行うと同時に、
美白効果のあるトレチノイン外用薬や内服、
レーザートーニング、イオントフォレーシスなどと
併用した施術をオススメします。

【効果的な治療法】

レーザー治療/トレチノイン治療/トランサミン内服/レーザートーニング/イオントフォレーシス

 

花弁状色素斑
花弁状色素斑

海や山などで、強い紫外線を浴びて日焼けした後で、
肩から背中にかけてできる小さな「シミ」のことで、
花びらのような形をしています。

【効果的な治療法】
レーザー治療/光治療/トランサミン内服

 

炎症後色素沈着
炎症後色素沈着

傷や湿疹などの跡が「シミ」になったもの。
切り傷、火傷、ニキビや虫刺されの跡、
ムダ毛処理による黒ずみなどもこれに当たります。

一般的なレーザー治療よりも、
この場合はレーザートーニングという特殊なレーザーの治療が効果的です。

【効果的な治療法】

トレチノイン療法/レーザートーニング/トランサミン内服/乳酸導入+トランサミン導入

「シミ」治療とケアには正確な診断が必要!お悩みの方は当院まで!

大西 勝

濃いシミは、一度できてしまうとセルフケアでは治すことが難しいもの。

ただし、シミの原因や種類には様々ありますので、
自己判断で間違ったケアをしたために、肌を傷めることもあります。

一般的なシミ治療は、 シミ取りレーザーで短期間に治療することが可能ですが、
医療機関を受診した上で、ご自身に適した治療法をご検討下さい。

【シミ取り・肝斑治療はコチラ】 (onishiskinclinic.com)





 


大西 勝        【記事監修】
大西 勝 院長
医療法人 大美会
大西皮フ科形成外科医院

国立香川医科大学医学部卒業後、京都大学付属病院形成外科、大阪赤十字病院形成外科、社会保険広島市民病院、角谷整形外科病院、冨士森形成外科医院を経て、平成9年より大西皮フ科形成外科医院を開業。



一覧へ戻る

ご予約、ご相談はお気軽に!

滋賀大津石山院受付

大西皮フ科形成外科医院
滋賀大津石山院

滋賀大津石山院 電話番号 077-531-2101

滋賀大津石山院 FAX電話番号 077-531-2108

滋賀県大津市粟津町4-7
(JR石山駅前近江鉄道ビル3F) MAP
■診療科目
皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科
※完全予約制 アイチケットはこちら
■診療日時
【月・火・水・木・金】10:00~18:00
※【火】12:30~16:00(休診)
<電話受付は18時まで>
※【木】13:15~14:30(休診)
<お電話の受付はしておりません>
薬・コスメご購入のみの受付はしておりません。
【土】10:00~15:00
<電話受付は16時まで>
■休診日 日曜日、祝日

大西メディカルラボ受付

大西メディカルラボ

大西メディカルラボ 電話番号 077-531-2116

滋賀県大津市粟津町4-7
(JR石山駅前近江鉄道ビル3F)MAP
■診療科目
メディカルエステ  
※完全予約制
■診療日時
【月・火・水・金】10:00~17:45
<電話受付は18時まで>
【土】09:30~16:30
<電話受付は16時まで>
■休診日 木曜日、日曜日、祝日

大西メディカルラボHPはこちら
京都四条烏丸院受付

大西美容形成クリニック
京都四条烏丸院

京都四条烏丸院 電話番号 075-254-8320

京都四条烏丸院 FAX電話番号 075-254-8322

京都府京都市下京区長刀鉾町31
(四条ビヨンドビル5F)MAP
■診療科目
美容皮膚科・美容外科
※完全予約制
※保険診療は行っておりません
■診療日時
【平日】10:00~18:00
<電話受付は18時まで>
【土】10:00~17:00
<電話受付は17時まで>
■休診日 日曜日、祝日

京都四条河原町院受付

大西美容皮フ科クリニック
京都四条河原町院(2022年5月28日開院)

京都四条河原町院 電話番号 075-212-1800

京都四条河原町院 FAX電話番号 075-212-1801

京都府京都市中京区米屋町384
(河原町くらもとビル3F)MAP
■診療科目
美容皮膚科
※完全予約制
※保険診療は行っておりません
■診療日時
【月曜・金曜】10:00~18:00
<電話受付は18時まで>
【土】10:00~17:00
<電話受付は17時まで>
■休診日 火曜日、水曜日、木曜日、日曜日、祝日