2023.04.20

紫にきびの原因と対策方法

紫にきびの原因と対策方法

ニキビに悩む女性

紫にきびは、炎症が進んだ赤にきびがさらに悪化した状態です。すでに毛穴の奥には膿や血液が溜まっていて跡が残る点が特徴です。

お顔にボツボツが消えずに残っていると、見るたびに暗い気持ちになってしまいますよね。

そんな紫にきびをなんとか消したい、という気持ちは分かりますが、紫にきびは、にきびが進行して悪化した状態ですので、自己処理は絶対に避けましょう。

今回は紫にきびの状態や発生する原因を解説し、適切な治療についてご紹介します。紫にきびをきれいに治したい、早くから予防したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

紫にきびとは?

指を指す医師

紫にきびは、毛穴の中で炎症を起こした「赤にきび」がさらに進んで血や老廃物がたまってしまい、赤黒く、紫色に腫れてしまったものをいいます。
できたにきびをそのまま放置することで、膿んで赤紫色へと進行してしまうのです。こうした状態のものは、結節性にきびや嚢腫(のうしゅ)とも呼ばれます。 赤黒く、大きく盛り上がって、触ると固くごわつきを感じることもありますが、基本的にかゆみはありません。
紫色になって腫れあがるまでに至ると、毛穴のまわりも炎症していますから、このようになるとにきびが治ったとしても跡が残り、きれいにするには根気よく治療を続けていく必要があります。

自己流で治そうとすると、にきびがさらに化膿してかえって治療に長い時間を要してしまうので、1日でも早く皮膚科などを受診することが大切です。

紫にきびの原因

原因と虫眼鏡

紫にきびは、食生活の乱れやストレス、紫外線、睡眠不足、便秘、生理不順などの要因が絡み合ってできるものです。最も悪化した紫にきびにまで進行すると、皮脂の分泌など皮膚だけの問題でなく、下記のような皮膚と直接関係のない体の状態も関連しているといえます。

 

【紫ニキビができる原因】

・血流の低下
・胃腸の冷え

・ホルモンバランスの乱れ
・月経周期の乱れ

 

すでに紫にきびができている方は、生活習慣の乱れが要因となっていることが考えられますので、近頃の便通はどうか、ストレスが溜まっていないか、しっかり眠れているか、なども見直してみましょう。

 

<当院の人気治療>
シミ治療
ほくろ除去
ニキビ治療

紫にきびの治し方

医師

紫にきびは皮膚の奥の真皮まで達した深いにきびですので、皮膚科での治療が必要になります。その際どんな治療をするのか不安な方もいらっしゃるかもしれませんので、一般的に行われる治療をご説明します。

 

医療用ケミカルピーリング


ケミカルピーリングとは、酸性の薬剤をお顔に塗布し、肌表面にある古い角質を溶かして取り除き、ターンオーバーを促して新しい皮膚の生成をサポートします。にきびや、にきび跡の肌荒れ、毛穴の開きや黒ずみ、お肌のくすみやハリなどの改善にも適した治療です。

医療機関ではピーリング力の強いグリコール酸の薬液や、乾燥肌の方でもご使用いただけるアミノ酸の薬液など、お肌の状態に合わせた濃度を調整して行われます。またピーリング後にさらにビタミンC導入を行ったり、レーザー治療を併用したりすることでより高い効果が期待できます。

 

ドクターズコスメ


患者様のにきびの原因や進行状態を判断した上で、それに適した成分を配合したドクターズコスメを取り入れます。

 

ピーリング作用のあるサリチル酸やAHA


にきびを治療するには、毛穴詰まりの原因になる不要な角質を取り除くことが大切です。その際、サリチル酸やAHAはクリニックのケミカルピーリングで多く使用されており、古くなった角質をきれいに除去してくれる働きがあります。

 

抗炎症と皮脂分泌を抑制するビタミンC誘導体


抗炎症作用と過剰な皮脂分泌を抑える効果が期待できる、ビタミンC誘導体を取り入れることも行われます。ビタミンCは美肌には欠かせない成分ですが、壊れやすく空気に触れると酸化してしまいます。そんなビタミンCを、吸収しやすく安定化させたビタミンC誘導体で肌の角質層まで浸透させることができます。

 

トレチノイン療法


トレチノイン酸は、ピーリングと肌の再生効果のあるビタミンA(レチノール)誘導体です。ビタミンAが約50~100倍もあり、肌の奥の深い層にある細胞を活発にして増殖させ、表面に押し上げられる際にメラニン色素も一緒に排出されていきます。一般に、治療後2~4週間でメラニン色素は外に出されます。

継続することでヒアルロン酸やコラーゲンの生成も促し、肌の若返りも果たすので、これらの働きを利用したピーリングの代用療法として、にきび治療にも効果が期待できます。

またハイドロキノンとの併用で、レーザー治療では改善が難しいとされている肝斑にも高い効果を発揮します。

当院のにきび・にきび跡治療はこちら

大西 勝

膿が溜まって赤紫色に腫れている紫にきびは、 毛穴の周囲にまで炎症が及んでいます。このようににきびには進行状況によって様々な状態があり、それに応じて治療方法が異なってきます。当院では患者様の症状に応じた適切な方法で治療を進めていきます。

市販薬を使用したり、メイクで隠したりと自力で対処するより、皮膚科での治療で早くきれいに改善することができますので、にきびでお悩みの方はぜひ当院までお越し下さい。

【滋賀でニキビ治療はこちら】
【京都でニキビ治療はこちら】

 

ニキビ治療ページのバナー

 

 

大西 勝        【記事監修】
大西 勝 院長
医療法人 大美会
大西皮フ科形成外科医院

国立香川医科大学医学部卒業後、京都大学付属病院形成外科、大阪赤十字病院形成外科、社会保険広島市民病院、角谷整形外科病院、冨士森形成外科医院を経て、平成9年より大西皮フ科形成外科医院を開業。


 


一覧へ戻る

ご予約、ご相談はお気軽に!

滋賀大津石山院受付

大西皮フ科形成外科医院
滋賀大津石山院

滋賀大津石山院 電話番号 077-531-2101

滋賀大津石山院 FAX電話番号 077-531-2108

滋賀県大津市粟津町4-7
(JR石山駅前近江鉄道ビル3F) MAP
■診療科目
皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科
※完全予約制 アイチケットはこちら
■診療日時
【月・火・水・木・金】10:00~18:00
※【火】12:30~16:00(休診)
<電話受付は18:00まで>
※【木】13:15~14:30(休診)
<お電話の受付はしておりません>
※木曜は薬・コスメご購入のみの受付はしておりません。
【土】10:00~16:30
<電話受付は16:30まで>
■休診日 日曜日、祝日

大西メディカルラボ受付

大西メディカルラボ

大西メディカルラボ 電話番号 077-531-2116

滋賀県大津市粟津町4-7
(JR石山駅前近江鉄道ビル3F)MAP
■診療科目
メディカルエステ  
※完全予約制
■診療日時
【月・火・水・金】10:00~17:45
<電話受付は18:00まで>
【土】09:30~16:30
<電話受付は16:30まで>
■休診日 木曜日、日曜日、祝日

大西メディカルラボHPはこちら
京都四条烏丸院受付

大西美容形成クリニック
京都四条烏丸院

京都四条烏丸院 電話番号 075-254-8320

京都四条烏丸院 FAX電話番号 075-254-8322

京都府京都市下京区長刀鉾町31
(四条ビヨンドビル5F)MAP
■診療科目
美容皮膚科・美容外科
※完全予約制
※保険診療は行っておりません
■診療日時
【平日】10:00~18:00
<電話受付は18:00まで>
【土】10:00~17:00
<電話受付は17:00まで>
■休診日 日曜日、祝日

京都四条河原町院受付

大西美容皮フ科クリニック
京都四条河原町院(2022年開院)

京都四条河原町院 電話番号 075-212-1800

京都四条河原町院 FAX電話番号 075-212-1801

京都府京都市中京区米屋町384
(河原町くらもとビル3F)MAP
■診療科目
美容皮膚科
※完全予約制
※保険診療は行っておりません
■診療日時
【月曜・金曜】10:00~17:00
【火曜】10:00~13:00
<電話受付は18:00まで>
【水曜】10:00~16:00
【土曜】10:00~17:00
<電話受付は17:00まで>
■休診日 木曜日、日曜日、祝日