ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射

こんなお悩みにおすすめ

  • ほうれい線が目立つ・深くなった
  • 目元や口元の小じわが気になる
  • 目の下や頬、アゴ周りのたるみが気になる
  • 顔が老けた印象に見られる
  • 顔全体にボリュームを出したい

ヒアルロン酸注射とは

ヒアルロン酸注入材は、1996年に最初の製品がヨーロッパで承認されて以来、皮膚注入材として世界的に最も多く使用されています。
ヒアルロン酸は、もともと人間の身体の細胞に存在しているムコ多糖類の一種です。細胞と細胞とを繋ぐ役割を果たしており、高い保湿力を備えています。 お肌のハリとみずみずしさを保つためには、欠かすことのできない成分です。
皮膚にできた深いしわや溝は、ヒアルロン酸を外から注入することで肌を持ち上げしわを目立たなくすることができます。 外科治療に頼ることなく短時間で効果を得ることができるため、人気の高い治療法となっています。
今やしわ治療としてポピュラーな治療となっていますが、使用する製剤の種類、注入部位や量などはそのドクターのセンスや経験が求められる治療です。

◆ 院長からのコメント ◆

ヒアルロン酸注入は当院が最も得意とする美容治療のひとつです。
多くの患者様がほうれい線を気にしてヒアルロン酸注入を希望されます。
こういう場合、従来はほうれい線に直接ヒアルロン酸を注入していましたが、現在ではほうれい線に注入するのではなく、頬や耳前部やこめかみに注入することにより、 ほうれい線を目立たなくするといった注入法が主流となっています。
つまり、しわや凹みに単にヒアルロン酸を注入するのではなく、ヒアルロン酸を用いてお顔全体をリフトアップして、しわやたるみを改善することができるのです。

院長からのコメント

ヒアルロン酸注入はドクターのセンスと腕の見せどころ!
ドクター選びが大切です。

1.製剤の選択
ヒアルロン酸と言ってもたくさんの種類があり、濃度や硬さ、粘度などに特徴があります。その特徴を把握した上で、注入部位や深さ、注入量などを判断します。患者様のご希望のイメージを叶える為には、その判断が的確で無ければなりません。積み重ねられた経験と知識、それを叶える技術力、そして確かな審美眼が仕上がりを左右します。

2.最適な注入量の判断
ヒアルロン酸注入の仕上がりには注入量も重要です。患者様のご希望のイメージに合わせて、多過ぎず少な過ぎない量を見極める判断力がドクターには求められます。ヒアルロン酸が多過ぎてしまうと、いかにも「ヒアルロン酸を入れました!」というお顔になってしまいます。自然にバレないような仕上がりにするためにも、ドクターの豊富な経験が必須となります。

3.解剖熟知
安全性の高いヒアルロン酸注入といえどリスクを伴う治療です。顔の構造をしっかりと理解していないと仕上がりが不自然になるだけでなく、血管などに触れてしまうと重大なリスクに繋がる恐れもあります。ドクターの解剖熟知は美しさだけでなく、安全性も高めます。

4.患者様と仕上がりの共有
どんなに知識や技術があっても、仕上がったお顔が美しくなければ意味がありません。患者様のお顔のバランスを見ながらデザインし、仕上がりのイメージを共有できることが最も重要です。特にこのデザイン力はドクターのセンスが大きく関わるため、仕上がりに大きな差が出る部分です。

施術概要

持続期間 6ヶ月~2年程度
施術時間 5~10分
痛み 少ない
ダウンタイム ほぼなし
起こりうる事・副作用 アレルギー、感染、血管塞栓、凹凸、内出血、腫れなど

ヒアルロン酸注入が人気の理由

  • 痛みが少ない
  • 短時間で施術が終わる
  • 手術よりも自然な仕上がり
  • 腫れがわずか
  • 誰にも気づかれずに美肌になる
  • 長期的な美肌効果が期待できる
  • 術後のダウンタイムがない
ダイエットサプリメント

適した部位

ヒアルロン酸注入部位例

額・上下のまぶた(目の下のへこみ)・口周り・ほうれい線・マリオネットライン・あご・フェイスラインや頬のたるみ・こめかみのへこみ等に適しています。 表面にあるしわ・溝に注入するだけでなく、ボリュームの減少した部位に注入することで、顔全体が自然で若々しい仕上がりになります。

また、最近では、しわや溝の直下だけではなく、中顔面(目の下から口付近まで)に、少量ずつヒアルロン酸を注入して、顔全体の印象を改善し、 リフトアップ効果を出す注入法もあります(ヒアルロン酸リフト)。

また、最近では鼻やまぶたはもちろんのこと、唇や涙袋などのパーツへの注入も人気があります。

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸は、お顔の気になる部位にピンポイントで注入しますが、 注入後にはお肌のリフトアップ効果が生まれ、若いころのようなボリュームを取り戻すことができます。 たるみが解消され、ハリがよみがえることで、 自然としわも目立たなくなるというわけです。
また、保湿力もアップしますので、お肌のキメが細かくなったり凸凹が解消されたりといった美肌効果も期待できます。

ヒアルロン酸でしわを修復

従来はしわの凸凹にコラーゲン注射が行われてきましたが、現在はアレルギーがほとんどなく、持続期間の長いヒアルロン酸注射が主流となりました。 また、当院ではすべて麻酔入りヒアルロン酸を使用しており痛みはわずかです。
さらに、注入時の痛みが少なく内出血もほとんど起きない「カニューレ(先端が尖っておらず、丸く、 先端ではなく横穴が付いている)」の注射針を用いて主に注入を行っていますので、ダウンタイムはほとんどありません。

ヒアルロン酸は、体内で自然に作られ、年齢を重ねるにつれ減少する成分であるため、皮膚とのなじみがよく、注入材として最も安全であるとされています。 ヒアルロン酸注入は、当日に、安全な治療を行うことができます。

ヒアルロン酸の主な種類

当院で使用している主なヒアルロン酸の種類をあげますが、どれも生体適合性100%、 非動物性の安全性の高いヒアルロン酸のみを使用していますので、アレルギーテストは不要です。

■ジュビダームビスタ®ボラックスXC(厚生労働省認可)
あごやフェイスライン、鼻にシャープなラインを形成したい時に用いるヒアルロン酸です。
ジュビダームシリーズで最も高濃度で硬いヒアルロン酸です。
適応部位 あご、鼻、フェイスライン
■ジュビダームビスタ®ボリューマXC(厚生労働省認可)
成形性や低吸水性に優れ、ボリュームアップに適したヒアルロン酸です。減少したボリュームの増大を目的とするヒアルロン酸としては国内初となる 厚生労働省の製造販売承認を受けています。持続期間は約24ヶ月です。(アラガン・ジャパン社製)
適応部位 ゴルゴライン、耳前部、フェイスライン、ボトックスリフト
■ジュビダームビスタ®ボリフトXC(厚生労働省認可)
滑らかな製材で、主に顔のしわや溝の改善、肌の質感の改善に最適なヒアルロン酸です。厚生労働省から承認を得ています。持続期間は約12~18ヵ月です。(アラガン・ジャパン社製)
適応部位 耳前部、おでこ、こめかみ、ほうれい線、マリオネットライン
■ジュビダームビスタ®ボルベラXC(厚生労働省認可)
ボリューマ・ボリフトに比べると最もソフトな質感で馴染みがよく、皮膚表層への注入に向いています。口周囲や目の周りの浅いシワに用います。 厚生労働省から承認を得ています。持続期間は約12ヶ月です。(アラガン・ジャパン社製)
適応部位 頬、こめかみ、口周り、目回り、唇
■レスチレン リフトリド(厚生労働省認可)
ヒアルロン酸の中でも、世界70カ国以上で2,000万回以上も使われている歴史の長い製剤です。 こめかみの凹みや萎んだアゴ、深いゴルゴ線などもシャープにしっかり支える特徴があります。持続期間は約18ヶ月です。(ガルデルマ社製)
適応部位 鼻、ほうれい線、耳前部、こめかみ
■リデンシティ2
デリケートな部分の治療のために開発されたヒアルロン酸で、目元のクマ、たるみ、小じわの改善に最適です。 ヒアルロン酸に加え、アミノ酸・抗酸化物質・ミネラル・ビタミンが配合されており、お肌の潤いやハリをアップする効果もあります。 持続期間は約9~12ヶ月です。(テオシアル社製)
適応部位 上眼瞼凹み、クマ、涙袋
■クレヴィエル
鼻やあごをシャープにしたい方に適しています。従来のヒアルロン酸に比べ、非常に高密度・高濃度で、形が崩れにくく長持ちする特徴があります。 術後の腫れや赤みも軽減されています。持続期間は約15~24ヶ月です。(エストラ社製)
適応部位 鼻、アゴ

治療の流れ

■STEP1:カウンセリング
カウンセリングにて医師が患者様の改善したい点等をお伺いし、数種類のヒアルロン酸から適したものを選択します。

■STEP2:施術
細い針で、顔の皮膚表面にあるしわや溝に注入します。なお、部位によって適したヒアルロン酸注入材の種類や注入量、注入方法は異なります。
施術時間は、5~10分程度です。

■STEP3:完了
腫れなどのダウンタイムも比較的短く、施術を受けた直後からメイクも可能で、通常どおりの生活をしていただけます。

万が一思うような結果にならない場合は?

仕上がりなど何か理由があってヒアルロン酸を溶かしたい場合は、ヒアルロニダーゼを注入することで簡単に溶かしてしまうことが可能です。(この点がヒアルロン酸が安全な理由の1つです。)
当院では、アレルギーの起きにくい純度の高いVitrase(ビトラーゼ)を用いています。
他院施術の修正もご相談下さい。

よくあるご質問

ヒアルロン酸療法は誰にでも適用ですか?
ヒアルロン酸はアレルギー反応がほとんどありません(数千人に一人と言われています)ので、誰にでも行うことができます。 アレルギーの起きた場合も、ヒアルロニダーゼで直ぐに治すことが可能です
注入時の痛みはどうですか?
注入は細い針を使用しますし、という院で使用しているヒアルロン酸は全て麻酔が含まれていますので、注入時の痛みはわずかです。
治療効果の持続期間は?
ヒアルロン酸注入後は少しずつ吸収されるので効果は1~2年くらいです。しかし1年後に全く元に戻るわけではありません。効果を長期間保つためには、半年から1年間隔で再注入を受けるとよいでしょう。
費用はおいくらでしょうか?
0.5cc 55,000円(税込)からです。その緒H化に注入料2,200円、カニューレ代3,300円、診察料が必要です。

症例

右頬の症例(院長)

ヒアルロン酸症例写真
注入量 1.5cc
費用 ¥143,000

上眼瞼のくぼみ・下眼瞼のしわの症例

ヒアルロン酸症例写真
注入量 0.5cc
費用 ¥55,000

こめかみの凹みの症例

ヒアルロン酸症例写真
注入量 0.5cc
費用 ¥55,000

片手の症例

ヒアルロン酸症例写真
注入量 2cc
費用 ¥132,000

片手の症例

ヒアルロン酸症例写真
注入量 2cc
費用 ¥132,000

顔全体の症例

ヒアルロン酸症例写真
注入量 5cc
費用 ¥418,000

おでこの症例

ヒアルロン酸症例写真
ヒアルロン酸症例写真
ヒアルロン酸症例写真
注入量 2cc
費用 ¥187,000

料金

■ ヒアルロン酸
ヒアルロン酸0.5cc ¥55,000
1.0cc ¥99,000
※0.5cc~注入可能
1.0cc~割引有(注入後2週間以内の追加も適応可)/ 2.0cc目 ¥88,000、3.0cc目 ¥77,000
手背用ヒアルロン酸2.0cc ¥132,000
4.0cc ¥198,000
カニューレ・・・1本 ¥3,300
注入料 ¥2,200
ヒアルロン酸・・・2週間以内の追加注入の場合、割引適応です。
ジュビダームシリーズは1ccにつき¥22,000プラスとなります。
ヒアルロニダーゼ1部位 ¥55,000
一ヶ月以内の追加注入は¥11,000となります。
※料金は全て「税込表示」となっております。

診療科目一覧はこちら

人気治療ランキング
当院の人気治療ランキング

ワキガ・多汗症治療

待ち時間を確認 待ち時間を確認

オンライン診療はこちら オンライン診療はこちら

採用情報採用情報

大西メディカルラボ

インスタグラム

facebook

大西皮膚科twitter

LINE@でクーポンゲット大西皮膚科LINE@でクーポンゲット

問診票ダウンロード

未成年者同意書ダウンロード

ご予約、ご相談はお気軽に!

滋賀大津石山院受付

大西皮フ科形成外科医院
滋賀大津石山院

滋賀大津石山院 電話番号 077-531-2101

滋賀大津石山院 FAX電話番号 077-531-2108

滋賀県大津市粟津町4-7
(JR石山駅前近江鉄道ビル3F) MAP
■診療科目
皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科
※完全予約制 アイチケットはこちら
■診療日時
【月・火・水・木・金】10:00~18:00
※【火】12:30~16:00(休診)
<電話受付は18:00まで>
※【木】13:15~14:30(休診)
<お電話の受付はしておりません>
薬・コスメご購入のみの受付はしておりません。
【土】10:00~16:30
<電話受付は16:30まで>
■休診日 日曜日、祝日

大西メディカルラボ受付

大西メディカルラボ

大西メディカルラボ 電話番号 077-531-2116

滋賀県大津市粟津町4-7
(JR石山駅前近江鉄道ビル3F)MAP
■診療科目
メディカルエステ  
※完全予約制
■診療日時
【月・火・水・金】10:00~17:45
<電話受付は18:00まで>
【土】09:30~16:30
<電話受付は16:30まで>
■休診日 木曜日、日曜日、祝日

大西メディカルラボHPはこちら
京都四条烏丸院受付

大西美容形成クリニック
京都四条烏丸院

京都四条烏丸院 電話番号 075-254-8320

京都四条烏丸院 FAX電話番号 075-254-8322

京都府京都市下京区長刀鉾町31
(四条ビヨンドビル5F)MAP
■診療科目
美容皮膚科・美容外科
※完全予約制
※保険診療は行っておりません
■診療日時
【平日】10:00~18:00
<電話受付は18:00まで>
【土】10:00~17:00
<電話受付は16:30まで>
■休診日 日曜日、祝日

京都四条河原町院受付

大西美容皮フ科クリニック
京都四条河原町院(2022年5月28日開院)

京都四条河原町院 電話番号 075-212-1800

京都四条河原町院 FAX電話番号 075-212-1801

京都府京都市中京区米屋町384
(河原町くらもとビル3F)MAP
■診療科目
美容皮膚科
※完全予約制
※保険診療は行っておりません
■診療日時
【月曜・金曜】10:00~17:00
【火曜】10:00~13:00
<電話受付は17:00まで>
【土】10:00~15:00
<電話受付は14:30まで>
■休診日 水曜日、木曜日、日曜日、祝日