• ホーム
  • ブログ
  • 10代・20代なのにほうれい線や口元の笑いジワが目立つ原因と対策

2023.03.30

10代・20代なのにほうれい線や口元の笑いジワが目立つ原因と対策

10代・20代なのにほうれい線や口元の笑いジワが目立つ原因と対策

ほうれい線

10代や20代の若い方でも、ほうれい線に悩む方がいらっしゃるのをご存知でしょうか?通常、口元の笑いジワやほうれい線といえば、30代以降の肌悩みと思われていますよね。でも最近は若いのにほうれい線が目立ってしまい、悩んでいる方が増えています。

そこでご説明します!

 

若いのに口元のシワやほうれい線が目立つ原因

ほうれい線に悩む女性

30代に入ると気になり始める「ほうれい線」は、頬のたるみや乾燥など肌の老化が主な原因といわれています。
その一方で、若いのにほうれい線が気になるという方は、また別の原因があると考えられます。それらを一つずつ解説していきます。

 

お顔の骨格によるもの


10代20代の若い方で口元にシワが出る、ほうれい線が目立つという場合は、お顔の骨格や脂肪のつき方、筋肉の厚さによって目立ちやすくなっている方もいらっしゃいます。頬の厚さや口まわりのくぼみ具合でも、ほうれい線が目立ちやすくなります。

 

表情筋を使っていない


若い方ほどスマホやパソコンを見る時間が長い傾向にあって、それもほうれい線に悩む方が増えている原因です。スマホを見ている間は無表情になりがちで、お顔の筋肉を使わなくなります。そのためハリがなくなり、ほうれい線が目立ってしまうのです。

 

スマホの長時間使用と姿勢の悪さ


スマホを見る際のうつむき姿勢は、血流の悪化やブルーライトによる肌老化を進ませます。また頬杖や猫背などの悪い姿勢が積み重なることも、若くしてほうれい線が刻まれる原因となります。

 

紫外線ダメージ


紫外線による肌ダメージは少しずつ蓄積されます。幼少期から学生時代に紫外線対策をせずに屋外で部活動などしていた方は、コラーゲンやエラスチンが減少し、肌の弾力が落ち、ほうれい線が目立ちやすくなっている場合もあります。

 

過激なダイエット


若い方にありがちな短期間での急なダイエットは、肌に必要なタンパク質やコラーゲンなどの栄養不足を引き起こします。すると皮下脂肪が一気にボリュームダウンして、口元ジワやほうれい線ができやすくなることもあります。

目立たなくする方法

指を指す女性

ほうれい線の始まりは、上記の原因に加え、肌の乾燥も関係しています。まずは保湿を徹底しましょう。そして肌のハリを保つには紫外線防止も不可欠です。

 

保湿ケアとUVケアは必ず!


洗顔後や入浴後には化粧水と乳液などでしっかり保湿をし、出かける前には日焼け止めを塗るようにしましょう。日焼け止めは時間とともに落ちていくので、できれば2~3時間おきに塗り直すことが大切です。また日中もお肌のつっぱりを感じたら乳液を塗り、乾燥を防ぎましょう。

 

どんなコスメを選べば良い?


口元のシワやほうれい線が目立つ時は、シワ改善成分の入った医薬部外品がおすすめです。レチノール(ビタミンA)、ニールワンに加え、ナイアシンアミド(ビタミンB3)などが、効果を認められています。また化粧水も、ヒアルロン酸や天然保湿因子に似た成分が配合されたものを選び、乳液やクリームを塗り、油分の膜を作って肌の柔らかさと弾力をキープします。日焼け止めは、今の時期でしたらUV-Aの防止効果を表すPA+の数が多いものを選びましょう。

 

<当院の人気治療>
シミ治療
ほくろ除去
ニキビ治療

おすすめの施術を紹介

カウンセリング

ほうれい線の治療としては、「ヒアルロン酸注射」「ハイフ」「糸によるリフトアップ(糸リフト)」がおすすめです。

ダウンタイムが軽く、受けやすいですし、ヒアルロン酸注射とハイフ、糸リフトとの併用も可能ですので、これらの施術を詳しく見ていきましょう!

 

ヒアルロン酸注射


ヒアルロン酸は、もともとお肌や目、関節に存在している成分で、非常に保水力に優れ、細胞間を埋める潤滑油のような役割も果たしているのです。ほうれい線にヒアルロン酸の注射をすると、その部分の水分量がアップして皮膚を盛り上げるので、溝が解消されシワ線を目立たなくすることができます。ほうれい線周辺のバランスを見ながら注射をすることで、ナチュラルでふっくらハリのある肌に仕上がります。10分程の施術で効果をすぐに実感できるのも魅力ですね。

ヒアルロン酸注射の詳細はこちら

 

ハイフ


ハイフ治療は、超音波を照射することで、お肌の深い層にあるSMAS(表情筋筋膜)を引き締めリフトアップし、コラーゲンの産生を促す治療です。治療は、皮膚の浅い部分から、真皮、SMASまでアプローチできるマシン、ウルトラセルで行われます。


●ウルトラセルのハイフ(HIFU)

ウルトラセルのHIFUは、集点式超音波で深い層にあるSMASという筋膜にアプローチできる最新治療です。シワの元となる筋膜を引き締めることで、ほうれい線などのシワを改善。肌への負担が少ないため、目元ギリギリまで施術できるようになりました。

 
ウルトラセルハイフの詳細はこちら 


糸によるリフトアップ


糸リフト(スレットリフト)は、体内に吸収されるコグのついた糸を挿入し、リフトアップしてたるみを解消し、シワ改善を目的とした施術です。シワの生じた部分をコグでつかみ、元の場所へ移動させてキープし固定。糸が徐々に吸収される間にも、糸のまわりでコラーゲンが生成されるので、術後2~3カ月は美肌効果や小顔も期待できます。

ほうれい線のほかに、マリオネットライン、頬のゆるみ、ブルドッグのようなたるみが気になる方に人気です。切開には抵抗がある方にも受けていただける治療法です。

糸リフトの詳細はこちら

ほうれい線治療は当院まで

大西 勝

当院では、10分程度で終わるヒアルロン酸注入から、メスを使わない糸によるリフトアップなど、ほうれい線治療のメニューを多く揃えております。施術前にカウンセリングを行い、患者様の状態やご希望を伺って、お悩み改善の最適な治療をご提案致します。ほうれい線が気になる方はぜひ当院までご相談下さい。

【たるみ・しわ取りはこちら】 

 

 


 

 

大西 勝        【記事監修】
大西 勝 院長
医療法人 大美会
大西皮フ科形成外科医院

国立香川医科大学医学部卒業後、京都大学付属病院形成外科、大阪赤十字病院形成外科、社会保険広島市民病院、角谷整形外科病院、冨士森形成外科医院を経て、平成9年より大西皮フ科形成外科医院を開業。


 


一覧へ戻る

ご予約、ご相談はお気軽に!

滋賀大津石山院受付

大西皮フ科形成外科医院
滋賀大津石山院

滋賀大津石山院 電話番号 077-531-2101

滋賀大津石山院 FAX電話番号 077-531-2108

滋賀県大津市粟津町4-7
(JR石山駅前近江鉄道ビル3F) MAP
■診療科目
皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科
※完全予約制 アイチケットはこちら
■診療日時
【月・火・水・木・金】10:00~18:00
※【火】12:30~16:00(休診)
<電話受付は18:00まで>
※【木】13:15~14:30(休診)
<お電話の受付はしておりません>
※木曜は薬・コスメご購入のみの受付はしておりません。
【土】10:00~16:30
<電話受付は16:30まで>
■休診日 日曜日、祝日

大西メディカルラボ受付

大西メディカルラボ

大西メディカルラボ 電話番号 077-531-2116

滋賀県大津市粟津町4-7
(JR石山駅前近江鉄道ビル3F)MAP
■診療科目
メディカルエステ  
※完全予約制
■診療日時
【月・火・水・金】10:00~17:45
<電話受付は18:00まで>
【土】09:30~16:30
<電話受付は16:30まで>
■休診日 木曜日、日曜日、祝日

大西メディカルラボHPはこちら
京都四条烏丸院受付

大西美容形成クリニック
京都四条烏丸院

京都四条烏丸院 電話番号 075-254-8320

京都四条烏丸院 FAX電話番号 075-254-8322

京都府京都市下京区長刀鉾町31
(四条ビヨンドビル5F)MAP
■診療科目
美容皮膚科・美容外科
※完全予約制
※保険診療は行っておりません
■診療日時
【平日】10:00~18:00
<電話受付は18:00まで>
【土】10:00~17:00
<電話受付は17:00まで>
■休診日 日曜日、祝日

京都四条河原町院受付

大西美容皮フ科クリニック
京都四条河原町院(2022年開院)

京都四条河原町院 電話番号 075-212-1800

京都四条河原町院 FAX電話番号 075-212-1801

京都府京都市中京区米屋町384
(河原町くらもとビル3F)MAP
■診療科目
美容皮膚科
※完全予約制
※保険診療は行っておりません
■診療日時
【月曜・金曜】10:00~17:00
【火曜】10:00~13:00
<電話受付は18:00まで>
【水曜】10:00~16:00
【土曜】10:00~17:00
<電話受付は17:00まで>
■休診日 木曜日、日曜日、祝日