眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは瞼を上げる筋肉(眼瞼挙筋)の筋力が弱いため、あるいは筋力がうまく伝わらないため、十分に目が開かない状態をいいます。 これには先天性眼瞼下垂と呼ばれる生まれつきのものと、コンタクトの使用や目をこする癖が原因による後天性眼瞼下垂があります。 最近では、特に高齢化社会に伴う老化性のものも含めた後天性眼瞼下垂が急増しています。
眼瞼下垂があると目を無理に開こうとするため、目の周囲の筋肉が疲れ、肩こりや偏頭痛、眼精疲労の原因となる場合があります。 また、見た目もおでこにしわがよったり目つきが悪くなったりします。 眼瞼下垂の治療にはまぶたを切って行う「切開式挙筋前転法」と、 まぶたを切らない「埋没式クイックマットレス法」の2つの手術法があります。

当院では切らない眼瞼下垂手術「埋没式クイックマットレス法」を積極的に行っています。

症例写真 before


■眼瞼下垂の主な症状

  • 1. 以前に比べ目が小さくなった。
  • 2. 上まぶたがくぼんで、二重の幅が広くなった。
  • 3. 眉が上がり、おでこにしわが多い。
  • 4. 肩こり、偏頭痛がある。
  • 5. まぶたが重い。
  • 6. 夕方になると額の部分や、目の奥が痛くなる。

埋没式クイックマットレス法(黒目整形)

埋没式クイックマットレス法の術式説明の画像


■ 手術時間 両目で約10分
■ 麻酔方法 局所麻酔、笑気麻酔(オプション税込5,500円)
■ 腫れ 術後2、3日上まぶたにむくみが出ます。
内出血や感染症になった場合、腫れが長引くことがあります。
■ 内出血 注射の針が当たるか手術操作によって細かい血管が傷つくと、上眼瞼から目の周りが紫色になりますが、 1~2週間で消失します。
■ コンタクト コンタクトレンズはソフト・ハード共に2~3日経過後に異常がなければ可能です。
手術当日は眼鏡のご用意をオススメしています。
■ メイク 手術当日から可能です。
■ 通院 1週間後に経過診察
■ 完成 2~4週間

■切らない眼瞼下垂手術の特徴

<埋没術(クイックマットレス法)をオススメする理由>

  • ① 切らないので術中の出血も痛みもほとんどありません。

    極細の針を用いて、しかも粘膜側に麻酔をするだけで、皮膚も粘膜も切開しないので痛みも出血もごくわずかです。

  • ② 自然な形に仕上がります。

    皮膚を切って新たに二重ラインを作ったりすることがないので、自然な本来の形の上まぶたに戻ります。

  • ③ 手術時間は両目約10分

    縫合も止血も必要ないので、あっという間に手術終了です。

  • ④ 傷あとが残らず、内出血も腫れも少ない

    そのためダウンタイムも短くすぐに日常生活に戻れます。

  • ⑤ 手術直後からメイクも可能

    皮膚表面には針跡すらありません。

  • ⑥ 切らないので術後も痛みはほとんどありません。
  • ⑦ 笑気麻酔を用いれば痛みはさらに少なくなります。
  • ⑧ 従来の埋没式下垂手術(単純埋没法)に比べ、固定力が強く、後戻りがしにくいです。

◆ 院長からのコメント ◆

切開式手術は、効果は確実ですが、キズ跡が残る・腫れが強いといったデメリットがあります。
また従来行われていた埋没式下垂手術に比べ、当院のクイックマットレス法は固定力が強く後戻りがしにくいです。
そのため、ほとんどの後天性の眼瞼下垂はこのクイックマットレス法で治療できると考えています。

院長からのコメント

切らない眼瞼下垂手術 症例1 20代 女性

  • 症例写真 before

●費用:片目88,000円(税込)
●治療期間・回数:1回
●リスク、副作用等:腫れ、感染、内出血、痛み、左右不対称など

切らない眼瞼下垂手術 症例2 70代 女性

  • 症例写真 before

●費用:片目88,000円(税込)
●治療期間・回数:1回
●リスク、副作用等:腫れ、感染、内出血、痛み、左右不対称など

切らない眼瞼下垂手術 症例3 80代 女性

症例2の5年後、単純埋没法の後、徐々に後戻り(下垂)を認めたため、今回は埋没式クイックマットレス法にて再手術を行いました。

  • 症例写真 before

●費用:片目88,000円(税込)
●治療期間・回数:1回
●リスク、副作用等:腫れ、感染、内出血、痛み、左右不対称など

■こんな方におすすめ

  • 切る手術には抵抗がある
  • ダウンタイムを最小限に抑えたい
  • 人にバレたくない
  • 切開式挙筋前転法をしたが、上がりが不十分、左右差が気になる

■デメリット

  • 重度の下垂では治療が難しい場合がある。(先天性眼瞼下垂は難しい)

■起こりうる事・副作用

内出血、感染、結膜浮腫、左右不対称、再下垂など

切開式挙筋前転法

<切開式挙筋前転法の術式>

  • ①皮膚と眼窩隔膜を切開し、挙筋腱膜を切離します。

    切開式挙筋前転法の術式説明01

  • ②切開したところから、挙筋腱膜を前転させ(引き出し)、瞼板と縫合します。

    切開式挙筋前転法の術式説明02

  • ③縫合した挙筋腱膜と瞼板を固定します。

    切開式挙筋前転法の術式説明03

眼瞼下垂は瞼と筋肉との結合部が、はずれている又は緩んでいるために瞼を開ける力が弱くなっている状態です。
眼瞼下垂の手術は、瞼板から離れた挙筋に縫いつけ、目を開けやすくする治療です。 挙筋を瞼板にしっかり固定するため、楽に目を開けられるようになりますが、皮膚を切開する必要があります。

■ 手術時間 両目で約60分
■ 麻酔方法 局所麻酔
■ 腫れ 約7~10日間(朝晩にむくみを感じたり目やにが増えたりします)
内出血や感染症になった場合、腫れが長引くことがあります。
■ 内出血 注射の針が当たるか手術操作によって細かい血管が傷つくと、上眼瞼から目の周りが紫色になりますが、 1~2週間で消失します。
また、白目に内出血が出現すると白目の一部が赤く見えますが、こちらも1~2週間で消失します。
■ 抜糸 6~7日目(二重のライン上についている黒い糸を抜糸します。)
■ コンタクト コンタクトレンズはソフト・ハード共に2~3日経過後に異常がなければ可能です。
手術当日は眼鏡のご用意をオススメしています。
■ メイク アイメイクは抜糸の翌日から、その他の部分は手術翌日から可能です。
■ 通院 術後3日目のガーゼ交換、6日または7日目の抜糸
■ 完成 約3~4ヶ月

■こんな方におすすめ

  • 保険診療の範囲で治療をしたい
  • 腫れやダウンタイムはあっても費用を抑えたい
  • 埋没式では難しい重度の眼瞼下垂の方

■デメリット

  • 手術前の血液検査が必要
  • 皮膚を切開するため、腫れ、内出血が必ず起こる
  • キズ跡が残る
  • 通院、抜糸が必要
  • 左右差が生じた場合、修正には再び切開が必要

■起こりうる事・副作用

内出血、感染、結膜浮腫、左右不対称、痛み、腫れ、再下垂など

■治療後の注意事項

・当日の運転は麻酔や手術操作によっては視界がぼやける可能性があるので、運転はお避け下さい。
・コンタクトレンズはソフト・ハード共に2、3日後から可能です。
・切らない手術は手術当日からメイク可能です。切開式手術は、当日からまぶたを避けてメイク可能です。

料金

■ 眼瞼下垂

切る眼瞼下垂(挙筋前転法)
保険適用(3割負担の方)
片眼 約¥24,000
両眼 約¥48,000
切る眼瞼下垂(挙筋前転法)
美容目的の場合
片眼 約¥275,000
両眼 約¥528,000
切らない眼瞼下垂手術(黒目整形・1年保証付)
〈埋没式クイックマットレス法〉
片眼 ¥88,000
両眼 ¥165,000
保険適応以外の治療は全て税込価格になります。
大西皮フ科形成外科医院 院長 大西 勝

ご予約、ご相談はこちらから

  • 滋賀大津石山院

    0775312101
  • 大西メディカルラボ

    0775312116
  • 京都四条鳥丸院

    0752548320
Dr.大西こだわりのボディクリームDr.大西こだわりのボディクリーム

ご予約、ご相談はお気軽に!

滋賀大津石山院受付

大西皮フ科形成外科医院
滋賀大津石山院

滋賀大津石山院 電話番号 077-531-2101

滋賀県大津市粟津町4-7
(JR石山駅前近江鉄道ビル3F) MAP
■診療科目
皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科
■診療日時
【月・水・金】10:00~12:30/
14:30~16:30/16:30~18:00
(完全予約制)

【火】10:00~18:00(完全予約制)
/12:30~16:00(休診)
<電話受付は18時まで>
【木】10:00~18:00(完全予約制)
/13:15~14:30(休診)
<電話受付は18時まで>
【土】10:00~12:30/
12:30~15:00(完全予約制)

<電話受付は16時まで>
■休診日 日曜日、祝日

大西メディカルラボ受付

大西メディカルラボ

大西メディカルラボ 電話番号 077-531-2116

滋賀県大津市粟津町4-7
(JR石山駅前近江鉄道ビル3F)MAP
■診療科目
メディカルエステ  
※完全予約制
■診療日時
【月・火・水・金】10:00~17:45
<電話受付は18時まで>
【土】09:30~16:30
<電話受付は16時まで>
■休診日 木曜日、日曜日、祝日

大西メディカルラボHPはこちら
京都四条烏丸院受付

大西美容形成クリニック
京都四条烏丸院

京都四条烏丸院 電話番号 075-254-8320

京都府京都市下京区長刀鉾町31
(四条ビヨンドビル5F)MAP
■診療科目
美容皮膚科・美容外科
※完全予約制
※保険診療は行っておりません
■診療日時
【平日】10:00~18:00
<電話受付は18時まで>
【土】10:00~17:00
<電話受付は17時まで>
■休診日 日曜日、祝日